メモリー

アーキタイプの影は闇の位相で活動する。
過去の記憶を固め、操り、幻想を捏造する。
闇はそこでペットのように飼いならされ、えさを与えられ、自らの棲みかをそこに構える。
闇はマインドの異名をもつペットメモリーである。

アーキタイプの光は意識の最深位相で活動する。
そこでの記憶は、個別的であり普遍的である。
最深意識位相でのこの記憶エネルギーはノスタルジックメモリーと呼ばれる。
光は意識という異名をもつノスタルジックメモリーである。

あなたや私は、ペットメモリーにあなにやしをかけ、
ペットメモリーに操られ、ペットメモリーを自分自身として生きているのか。

それともノスタルジックメモリーの深みに降り至り、
ノスタルジックメモリーのテロスにあなにやしをかけ、
ノスタルジックメモリーのテロスにふさわしく生きているのか。

ええ、あなにやし、二重螺旋の記憶という闇と光からなる打ち出の小槌