細胞の時間 ”May the Beauty be with you !”

初春の令月にして、
気淑く風和らぎ、
梅は鏡前の粉を披き、
蘭は珮後の香を薫らす

新しい年号「令和」を外務省は海外向けに、Beautiful Harmony として発表しました。これはこれでいいでしょう。

行動科学研究所としては、「令和」は名詞としてではなく、動詞としての認知風景を選びます。

Harmonize Beauty です。「令」は個人の思惑や思考を越えたオメガポイントからのメッセージであり、これは美しい、善きメッセージ(Beauty)です。メッセージとは問いかけであり、願いであり、こんなことができるのではとの可能性の示唆であり、インスピレーションです。目には見えないエネルギーです。耳には聞こえない声です。

それは、現存の政府や国家機関からくるコマンド、命令や公約なのでは決してなく、日常の生活の背後からやってくるエネルギーの令です。従って、この令は誰かの、どこかの権威や権益とは無縁のものであり、それが「万葉集」という日本のDNAから来ているというのが意味があります。ここが素晴らしいです!

私は行動科学をする者として、「渡りに船」の感覚です。

新しい100年時代を生き抜いていくためには、どうしても個人のせこい、小さい、独りよがりの感情や思考の「玉入れ競争人生」枠をこえて、「自立・自律してつながる」強い免疫力を享受する個人とその共同体の存在が必須です。私達はそれを第3フェーズ原人のコミュニティーと呼びますが、そんな呼称はどうでもよい。肝心なことは、そんな生き方、ライフスタイルが最も旬で、今までより一層必要とされるであろう、との認知風景なのです。

私は大歓迎です。個人として、日本人として、グローバルな地球人として、さらにそこを越えて宇宙に散在する宇宙人として、この令和という年号は正鵠の的、ドンピシャの感じです。

前述しましたように、私は令和を名詞としての静的なアイコンとしてではなく、人生を動的に創造していく動詞アルゴリズムとして解釈します。これは自他をエンパワーするパワフルなツールであり、パワフルな支援体系です!

May the Force be with you!
– Star Wars から

May the Beauty be with you!
– 岩田静治 Ph.D.
    行動科学研究所