未分類

細胞の時間 「錬金術師」

決して早回しできないものがある加藤典洋 鷲田 さんのことば 短縮したり圧縮したりできないもの、どうしても省くことができないものが、経験にはある。人生においては暗中模索が続く思春期がそれだと、文芸評論家は言う。作文もそう。 […]

細胞の時間 「涙か暴力か」

今日の折々のことばは、なかなかいけます。・・・・・・・・・・・・・・・・・朝日新聞 折々のことば 令和元年9月7日より 暴力とは、じつは涙が形を変えてしまったものなのだろうか……。重松清 鷲田さんのことば小学生のケンタは […]

細胞の時間 「根本から質(ただ)す促し」

すごい建築はしばしば、「建築とは何か」という問いを突然出します。西沢立衛(りゅうえ) 🍱鷲田さんのことば🍤 これこそ「建築のもっとも創造的な問い」だと建築家は言う。たしかに料理を戴(いただ […]

細胞の時間 「美しく稼ぎ、たくましくつながる!」

ありのままに生きようとしたアリは ありのままに生きようとしたアリは ありのままだった「みかんの心ぼし」(作詞・原田伸郎) 鷲田さんのことば フォークソングユニット、あのねのね(原田+清水国明)の歌から。「なすがママという […]

今日の折々のことばです。今日はこの内容にもの言いありです。      ↓「なんて意気地のない奴(やつ)だ。怒るべき時に怒らない」「なんて意気地のない奴だ。怒る時にすぐ怒ってしまう」高見順鷲田さんのことば 『敗戦日記』は、 […]

冷蔵庫の在庫一掃に踏み切る時、料理人はブリコルールである。池澤夏樹鷲田さんのことば ブリコルールとは、ありあわせの物を用い、工夫して何かをつくる人のこと。料理は「身体感覚を用いる科学の第一歩」であり「個人単位の科学」だと […]

A happy landing on the earth although the earth is full of problems. (小田実)    ◇ 作家は娘が誕生した日、日記にこう記した。「ようこそ地球へ―― […]