パーソナル・エンパワメント・プログラムPEP 行動科学研究所
エンパワメントとは
PEP講座
行動科学研究所について 行動科学研究所 所長ブログ 行動科学研究所へのお問い合わせ

WHAT IS EMPOWERMENT?

エンパワメント―自分が変わる、周りが変わる
エネルギー-じゃじゃ漏れを止めるには
元型―自分のパターンに気づく方法
テロス-全てには「本来の目的」がある
テロス-全てには「本来の目的」がある



エンパワメントフレーズ集

 

人を動かす“やたらに熱い思い”はどこからくるのか。
何があっても自分の大きな原動力になるものは何か。
”ウケ“をあてこんだ発言と、自分の全存在がかかっての発言とはどこが違うのか。
好きなことと大好きなこと、大切なことと一番大切なこととの違いはどう見分けるのか。
テロスを生きる人と、人の期待に合わせる人とはどこが違うのか。
自分の年齢より若く見える人と、老けて見える人はどこが違うのか。
建前の謙虚と、本物の謙虚はどこが違うのか。

答えは簡単明瞭、一目瞭然。

頭と気持ちで練り上げた自分知の正当化でエネルギーはじゃじゃ漏れか、それとも見ていてこちらがエンパワーするかしないか、を体感すればいい。

-岩田 静治

 

とは、相手を自分と同じように大切にすることに尽きる。全てはつながっている真実を知ることに尽きる。

-岩田 静治

 

エネルギー6倍の法則というのがあります。一人がエネルギー的に腐り始めると、周りはその影響を受け、少なくとも6人は腐り始める。

それとは逆に、一人がイキイキと立ち上がると、周りにいる少なくとも6人の人も、その生命力に刺激され、凍結していた自分を解凍し始める、という法則です。

-岩田 静治

 

人間関係のエンパワメント

人のことはよくわかる?


それが夫婦であれ、友人であれ、仕事仲間であれ、
他の人との関係の基礎は、自分自身との関係にあります。
この二つはつながっており、最も深いところでは一つのことです。

つまり、人間の中にある影とどのように向かい合うか、
そして人間の中にある光とどうつながるかということであり、
それが自分の内で起るか、外で起るかの違いだけで、結局は同じことなのです。

「あの人は自分には甘く、人には厳しい」とか、
「人のことはよくわかるけれど、自分のことはわからないものですね」などの言葉を聞いていると、
あたかも二つは別々のことのように聞こえますが、
より深く話を聞いていくと、そんなことはあり得ないことがわかってきます。

人に厳しいひとは自分にも厳しく、そもそもその厳しさは少し歪んでおり、
決して人をエンパワーするものではなく、
その歪んだ厳しさに自分は日々晒されており、
自分のことを受け入れられない苛立ちを直視することができず、
周りにも歪んだ厳しさをまき散らすことで、かろうじてバランスを取ろうとしているのかもしれません。

人のことならよくわかると思っているのは、これまで自分自身に意識を向けてこなかっただけで、
また、他人に対してわかったと思っている部分も、ただ表面を少し引っ掻いた程度のもので、
その奥にあるものについては、自分がわからないのと同じくらいわからないのです。


自分との向き合いは、他者との向き合い


人は単純にできています。

自分自身とのつながりが深いほど、他者とつながることができ、
自分自身への理解が深いほど、他者への理解も深まるのです。

自分に対してはこうだけど、他人に対してはこうしているとか、
この人との関係はこうだけど、あの人との関係はこうだということは、
深いところではあり得ないのです。

『さばいてはいけません。さばかれないためです。
あなたがたがさばくとおりに、あなたがたもさばかれ、
あなたがたが量るとおりに、あなたがたも量られるからです』

『自分を愛するように、あなたの隣人を愛しなさい』

これらの言葉が教えてくれるのは、二つに見えるものが、本来は一つであるということです。


だから私たちは、周りの人と向かい合うことで、自分自身と向かい合っており、
自分自身と向かい合うことで、周りの人との関係を変えていくことができるのです。

人間関係のエンパワメントは、自分自身のエンパワメントです。

もちろん人間関係は相手があることですから、相手が変わらないこともあるでしょう。

大切なのは相手が変わることではなく、相手との関係が変わることです。
相手との関係がエンパワーされることです。
それは自分から始められるのです。

人間関係の問題を、表面的な部分だけで捉えるのではなく、
私は一体何が問われているのかをいつも大切にしていきましょう。

そして、一つ一つの機会を、自分が強くなるために生かしましょう。

強さとは、影と向かい合い、背後にある光とつながることのできる力です。
それが自分の内であっても、外であったとしても。

株式会社 行動科学研究所
Institute of Behavioral Sciences

〒520-0016 滋賀県大津市比叡平3-24-12
TEL:(077)529-2356 FAX:(077)529-0449
会社概要 プライバシーポリシー お問合せ