パーソナル・エンパワメント・プログラムPEP 行動科学研究所
エンパワメントとは
PEP講座
行動科学研究所について 行動科学研究所 所長ブログ 行動科学研究所へのお問い合わせ

WHAT IS EMPOWERMENT?

エンパワメント―自分が変わる、周りが変わる
エネルギー-じゃじゃ漏れを止めるには
元型―自分のパターンに気づく方法
テロス-全てには「本来の目的」がある
テロス-全てには「本来の目的」がある


あなた/私が、些細な、僅少な、微細な冒険の一歩を踏み出すことで
あらゆる理性や分別の予測を超えたカオス(混沌)が生まれ、
エネルギーの中空で新生児が胎動を始める。

-岩田 静治

 

いつでもやり直しはきく。
と言うか
今こそ、今からが本番
ここから始める。
ビジョンと大好きな風景に導かれ
闇に降りて光を生きる

-岩田 静治

 

憎しみと慈しみ。怒りと許し。絶望と希望。自分の心の中で、どちらのエネルギーに投資するのか。それは白か黒かといったような単純な割りきりではありません。にもかかわらず、あなたも私も、どちらをより多く選び取るのか、と常に問われている存在なのです。

-岩田 静治

 

これは私達だけが持っているノウハウだとして、情報、知識、資格、見かけ上の学歴などにしがみついている方々がおられますが、その代価は大きいです。

価値のなくなったものにエネルギー貨幣を注ぎ込んでいますと、直観力がそがれていきます。右脳によるパターン認識は著しく劣化するのです。

先ずはできる限り秘密をもたないことにするのです。いいことは直ぐに周りの人々に伝えることです。そうすると不思議なもので、次々と新しい発想が涌いてきます。

違いのある発想は秘密主義とは反比例します。秘密主義で隠してばかりいると、心も魂もさびついていきます。知識や情報は使うためにあります。自分のチャクラにあるエネルギーは、人に誇示するために与えられているのではなく、自分がそれを使って違いのある独自の価値をつくるためのものです。

-岩田 静治

 

ビジョン。夢。アイディア。インスピレーション。
腑の奈落から立ち上がってくるメッセージ。
何の根拠もなく、説明の仕様もなく、理性・分別を超えた
得体の知れないメッセージ。

しかしこれを無視すれば
これから逃げれば
これをやらなかったら
今の年でもう老いぼれた老人になる。

どれだけ多くの人がこの轍を踏んできたか。
どれだけ多くの人がここから中退したか。
どれだけ多くの人がこれを越えなかったか。

-岩田 静治

エネルギーのじゃじゃ漏れに気づく

エンパワメント

「先立つものが無ければ…」と言う時、私たちは、それはお金のことだと理解しています。
ところが本当に先立つものとはエネルギーであり、これが無ければ何も生まれてこないのです。

それほどまでに大切なエネルギーですが、私たちはそれほど大切にはしていません。

そもそもエネルギーを意識することさえないのですから。

本来であれば、あなたの人生を切り開く力を持ち、創造的な活動の源となるエネルギーは、
日常の中で、無意識のうちに、様々な形で浪費されています。

エネルギーじゃじゃ漏れ──私たちはそのように表現します。

「あまりエネルギーはない方だ」と、思っている方がおられるかもしれません。
しかし、エネルギーのない人はいません。
皆が、溢れるほどのエネルギーを持っています。
ただ、それを生きているかどうかは全く別の話であり、これこそが課題なのです。

考えてみて下さい。

私たちの体を形成している60兆個の細胞。
この一つ一つが、休むことなく、24時間365日、イキイキと活動しています。
ところがそれが集まって「私」となった途端に、思考と感情の浮き沈みに捕らわれ、本来のイキイキさは失われるのです。

細胞レベルではこんなにエネルギーが溢れているのに、エネルギーのない細胞など一つもないのに、
その集合体である「私」にはエネルギーが感じられない。

さて、一体どっちが本当なのでしょうか?

私たちが普段感じている自分のエネルギーが、エネルギーの全てではないのです。
エンパワーしていく中で、そのことがはっきりと分かります。
じゃじゃ漏れしていたエネルギーを取り戻すだけでも、日々の生活が変わっていくことを経験されるでしょう。

更に、多くのエネルギーがまだ、生きられることなく無意識の底に眠っているのです。


二つのエネルギー


ただ、一言でエネルギーとは言うものの、
私たちはその中身をよく見ていかなければなりません。

大きく分けてエネルギーには二種類あるからです。

一つが、自分や周りの人を「コントロール」するエネルギーであり、
もう一つが、自分や周りの人を「エンパワー」するエネルギーです。

コントロールするエネルギーは、エネルギーを生み出すことはありません。
ただ、周りのエネルギーを支配するだけです。

しかし、エンパワーするエネルギーは、新たにエネルギーを生み出します。

一人一人が、今まで無意識の中に眠らせていたエネルギーを生き始めるので、
エネルギーの総量が上がってきます。

目が輝き始めた、イキイキし始めた、全体の空気が良くなってきたなどの表現は、
いずれもエネルギーの総量が上がってきたことを表しています。



エネルギーの総量をあげる


もし私たちが表面上の結果だけを追い求めているのであれば、大切なものを見落としてしまうでしょう。
なぜなら、コントロールするエネルギーも、時に立派な結果を生み出すからです。

しかし、そのようにして達成された結果は、誰もエンパワーしませんし、また持続していかないのです。

私たちは、結果だけではなく、エネルギーの視座から物事を見る力をつける必要があります。

結局のところ、大切なのは自分のエネルギーを生きることです。
そして、周りをエンパワーすることです。
そのようにして、あなたを取り巻くエネルギーの総量を上げるのです。
智恵も力も、このエネルギーの中から生まれてきます。

そのように生きられる人は幸せです。
なぜなら、幸せとは、あなたを取り巻くエネルギーの総量が大きいことだからです。

株式会社 行動科学研究所
Institute of Behavioral Sciences

〒520-0016 滋賀県大津市比叡平3-24-12
TEL:(077)529-2356 FAX:(077)529-0449
会社概要 プライバシーポリシー お問合せ